コロナ抗原検査キットについて

抗原検査、抗体検査、PCR検査の違いは?
抗原検査キットの使用方法
抗原検査が陽性だった場合
抗原検査キットのタイミング
お問い合わせについて
製造メーカーについて
保管および取り扱い上の注意
新型コロナウイルスについて一般的な情報


抗原検査、抗体検査、PCR検査の違いは?

新型コロナウイルスの検査には
「抗原検査」
「抗体検査」
「PCR検査」
の3種類があります。
各種メディアなどでもよく聞く名前ですが、
その使い分けを説明いたします。

まず、現状でもっとも正確と考えられるのが『PCR検査』です。
鼻やのどの粘液、唾液を採取して、ウイルスの有無を調べます。
遺伝子の一部を増幅して調べる大掛かりな検査なので、原則的に医療機関でしか受けられません。
最近では非常に安くPCR検査を受けられるクリニックも話題になっています。
ただしPCR検査は機械で行うため、正確さは機械の性能によって左右されます。ですので、「世の中のPCR検査がすべて同じぐらい正確だ」とは考えない方がいいでしょう。
また、過去にはある有名人が新型コロナウイルスに罹った時に、「1回目のPCR検査は陰性だったが、数日後にもう一度受けたら陽性になった」というケースもありました。
つまり、そもそもPCR検査も絶対ではないということです。

次に『抗原検査』です。
当社が販売しているのがこの抗原検査キットです。
鼻やのどの粘液を採取して、新型コロナウイルスの抗原(ウイルスの一部)の有無を測定します。
PCR検査と違って、家や会社でも簡単に検査が可能で、15分で結果が出ます。
また、当社のキットは、新型コロナウイルスの感染者PCR検査の結果と97%合致し、EUが定める安全基準を満たしている「CE認証」を受けています。(製造メーカー資料より)。




PCR検査に比べると、「安価で簡単」であることが本検査の大きなメリットです。
ただし大切な注意点があります。本検査キットは「研究用試薬」であり、本検査キットを用いた検査は、医療機関の診断と同等のものではありません。確定診断のためには、医師の診察が必要です。

もう一つ『抗体検査』もあります。
抗体はウイルス自体ではなく、ウイルスに感染した後に「人体が作り出す物質」です。
感染後4,5日してできる『IgM抗体』と、1週間ほどしてからできる『IgG抗体』が調べられます。



つまり感染後すぐに陽性になるわけではなく、いわゆる「潜伏期間」があります。ですので、急性期の判断のためには抗原検査やPCR検査の方が向いています。
では、なぜ抗体検査があるのはなぜでしょうか。
それは、
①「以前に調子が悪かったのはもしかして新型コロナウイルスのせいかもしれない」と心当たりがある方が、答え合わせとして受ける。(現在、もし『IgG抗体』を持っていたら、今後は新型コロナウイルスに感染しにくい可能性があります)
②今後ワクチン接種が広まった時に、抗体ができたかどうかをチェックする。
という2つの意義があるからです。
(本サイトでも近日中に販売予定です)

以上のように、「抗原検査」、「抗体検査」、「PCR検査」は、それぞれの検査の特性に合わせて、使い分ける必要があります。


抗原検査キットの使用方法

キットの内容


使用方法



(注)鼻腔や口腔に疾患、異常がある場合は使用を控えてください。


抗原検査が陽性だった場合

①現在、新型コロナウイルスに感染している可能性があります。速やかに最寄りの市区町村の保健所などに連絡し、その後の対応をご相談ください。

各都道府県の新型コロナウイルスに関するお知らせ・電話相談窓口(首相官邸ホームページ)
https://www.kantei.go.jp/jp/pages/corona_news.html

その際に、自宅に「高齢者」、「持病がある人」、「免疫抑制剤や抗がん剤治療をしている人」、「妊婦」がいるかどうかを報告していください。
②必ずマスクを着用し、他の人へうつさないように、できるだけ配慮してください。
③自宅での経過観察を指示された場合は、速やかにご自宅に戻ってください(できるだけ公共交通機関を避けてください)。
④結果を、同居している人へ報告してください。
⑤自宅での経過観察を指示された場合は、次の注意点を守ってください。
同居している人とできるだけ生活空間を分けましょう。
トイレを共用する場合は、使用するたびに、消毒・換気をしましょう。
入浴する順番は最後にして、入浴後に清掃・換気をしましょう。
リネンやタオル、食器は共用しないでください。
ペットの世話は、同居している人にお願いしましょう。
⑥自宅での経過観察中に、体調の変化があった場合は、速やかに保健所もしくは相談窓口に連絡してください。


抗原検査キットのタイミング

主に、以下の3つのタイミングをお勧めします。
①発熱、疲労感、味覚・嗅覚の異常など、新型コロナウイルスの感染を疑う症状がある時
②自分は無症状でも、周囲の人に新型コロナウイルス感染が判明した時
(ただし濃厚接触者と認定された場合はPCR検査が求められる可能性があります)
③必要があって長距離の移動をする時(帰省、出張など)
もちろん、定期的な健康チェックとしてもお勧めします。

また、職場におけるクラスター化の予防目的にもご使用になれます。
特に、顧客との接点がある職種の方(ホテル、交通機関、銀行、レストランなど)や食品関係、介護施設などで、リスクを最小限にするためにお勧めします。
その際に、一斉検査を定期的に行うのも良いですが、検査間隔が長くなってしまうと、その間にクラスター化する可能性があります。それを避けるために、いくつかのグループに分けて順番に検査を行い、陽性が見つかった場合には、そこで一斉検査をするという方法をお勧めします。


(注)イメージです。

お問い合わせについて

100キットを超える購入やコンサルティングに関しては、下記まで直接お問い合わせください。
mediselfinfo@gmail.com
(注)検査結果の判定など、個別のご質問にはお答えしかねます。


製造メーカーについて

本キットを制作している中国のメーカー『上海良潤』は、2013年に設立され、がんやアルツハイマー病、感染症の早期発見を目標にキットなどを製作しています。
http://www.liangrunbio.com/

年間生産能力は5000万キット以上で、 EU、アメリカ、日本、シンガポール、ブラジル、ロシア、シンガポール、エジプトなど、数十カ国に輸出されています。
当社で販売しているキットも、EUが定める安全基準を満たしている「CE認証」を受けており、品質については保証がされています。




保管および取り扱い上の注意

小児の手の届かない所に保管してください。
本検査キットは直射日光、高温、多湿、凍結を避けて保管してください。
検査キットの包装に記載されている使用期限を守ってください。
包装開封後は、速やかに使用してください。
溶液が皮膚に付いた場合は、すぐ水で洗い流してください。
溶液を目に入れたり、飲んだりしないでください。
使用後は、お住いの市区町村の指示に従い、家庭ごみとして廃棄してください。


新型コロナウイルスについて一般的な情報

その他、新型コロナウイルスについて信頼できる情報については、下記のサイトを参照してください。
厚生労働省 新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)
https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kenkou-iryousoudan.html#syoudoku